映画「記憶にございません!」総理は記憶が戻った?ラストの選択について考察【ネタバレ】

映画
引用元:https://kiokunashi-movie.jp/

映画「記憶にございません!」で記憶を失った主人公黒田総理は、記憶が戻ったのか気になる方は多いかと思います。そこでこの記事では、黒田総理が記憶が戻ったか、そして結末の選択について解説します。

この記事では映画「記憶にございません!」のネタバレ・結末に触れています。

無料で「記憶にございません!」を見る

映画「記憶にございません!」あらすじ

病院のベッドで目が覚めた男。自分が誰だか、ここがどこだか分からない。
一切の記憶がない。
こっそり病院を抜け出し、ふと見たテレビのニュースに自分が映っていた。
演説中に投石を受け、病院に運ばれている首相。
そう、なんと、自分はこの国の最高権力者だったのだ。
そして石を投げつけられるほどに……すさまじく国民に嫌われている!!!

部下らしき男が迎えにきて、官邸に連れて行かれる。
「あなたは、第百二十七代内閣総理大臣。
国民からは史上最悪のダメ総理と呼ばれています。
総理の記憶喪失はトップシークレット、我々だけの秘密です」
真実を知るのは、秘書官3名のみ。

進めようとしていた政策はもちろん、大臣の顔と名前、国会議事堂の本会議場の場所、
自分の息子の名前すら分からない総理。
記憶にない件でタブロイド紙のフリーライターにゆすられ、
記憶にない愛人にホテルで迫られる。
どうやら妻も不倫をしているようだし、息子は非行に走っている気配。
そしてよりによってこんな時に、米国大統領が来訪!

他国首脳、政界のライバル、官邸スタッフ、マスコミ、家族、国民を巻き込んで、
記憶を失った男が、捨て身で自らの夢と理想を取り戻す!
果たしてその先に待っていたものとは……!?

https://kiokunashi-movie.jp/story.html

総理は記憶が戻った?

物語の最後で、黒田総理は記憶が戻ったことが明かされています。ではどのタイミングで記憶が戻ったのでしょうか。

いつ記憶が戻ったの?記憶が戻ったタイミング

記憶が戻ったタイミングは、料理人・寿賀さんにフライパンで殴られたとき。この出来事の前後では、明確に総理の言葉や行動に違いが見られます。その点について、記憶が戻ったといえる理由3つから詳しく見ていきましょう。

記憶が戻ったタイミングの理由

記憶が戻ったタイミングの理由1:料理人・寿賀さんへの質問

官邸専属料理人の寿賀さんにフライパンで殴られたあと、総理はなぜか「憲法の三大原則」について質問します。これはフライパンで殴られた瞬間に記憶を取り戻し、自分が憲法の三大原則すら知らなかったことを思い出したからと推察されます。

記憶が戻ったタイミングの理由2:総理の言葉の変化

フライパンで殴られて以降、黒田総理の発言は、明確に変わっています。フライパンで殴られる前々の黒田の発言は「できない」「無理」といった後ろ向きな発言ばかりでしたが、フライパンで殴られて以降は、前向きな発言をするようになっています。

また秘書に対し、小学校の勉強から復習することを告げるシーンでは、「初めから知らなかった」と発言しています。記憶を失ったままであれば、「初めから」ということも知らないはず。

記憶が戻ったタイミングの理由3:妻への愛の言葉

物語の終盤、逃げ出してしまった妻に対し国会答弁で黒田は、「戻ってきてほしい」ということを伝えます。その際に「愛している」という言葉をさまざまな言語で伝えます。

黒田総理は、英語だけでなく複数の言語に長けたことが物語の前半で述べられていますが、記憶を失ってしまったためその言語も話せなくなってしまっています。しかしこの国会答弁では、記憶を失って話せなくなっていたはずのさまざまな言語を駆使して妻に愛の言葉を伝えています。

記憶が戻ったことを総理が隠す選択をした理由を考察

記憶が戻った黒田総理は、なぜそのことを周囲にに隠していたのでしょうか。その理由を考察します。

小学校の頃の文集

記憶が戻ったことを隠す理由のヒントになるのが、黒田が書いたという小学校の頃の卒業文集。文集では、「自分は本当は明るい性格だが、いきなり軽くなったら周囲から不審がられる。いっそボールが当たってくれれば、人が変わったようになれるのに」と書かれています。

このことから記憶を失い、再び取り戻したものの、そのまま記憶を失ったことにして新たな人間として生まれ変わるきっかけにしたことが伺えます。

小学校の先生を呼んだ理由

黒田総理は、小学校の頃の恩師を呼びました。これは、「政治家は、日本国民のために働くこと」を教えてくれた恩師と話すことで、政治家としての原点に立ち返ろうと考えからです。小学生の黒田はろくに授業を聞かずにサボってばかりいました。そのため、サボっていた頃からやり直そうと考えたのです。

弱い犬ほどよく吠える……自分の行いの結果を見た黒田総理

黒田総理は元来、人が良い性格だったのでしょう。しかし政治の世界では、それだけではやっていけません。そのため、気の弱い自分を隠すため、横暴な態度をすることで強がっていたのではないでしょうか。

その結果、総理大臣になることができましたが、人として尊敬されることはおろか、家族にまで嫌われてしまいました。そして記憶を失ったことにより過去の自分の行動や言動を省みることとなったのです。黒田総理は、改めて原点から学び直し、新たに出発することを決意したのではないでしょうか。

まとめ

映画「記憶にございません!」の黒田総理が記憶が戻ったタイミングと、それを隠した理由を考察しました。

動画配信サービスの「U-NEXT」では、初回登録時の600ポイントを使って無料で映画「記憶にございません!」を見ることができます。映画「記憶にございません!」以外にも映画やドラマ、アニメなどを18万本以上の動画が見放題で視聴できます。他にもさまざまな特典があります。

\31日間無料/

※無料期間内に解約しても費用は一切かかりません
※無料トライアルが早期終了する可能性があるため、お早めの申込みをおすすめします。

本ページの情報は2021年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

コメント