映画『シャイニング』と原作小説の違いを解説!スティーブン・キングがブチギレたワケ

シャイニング映画
引用元:https://www.amazon.co.jp/

映画『シャイニング』は、1980年にスタンリー・キューブリック監督によって映画化された作品です。原作はホラー小説の巨匠、スティーブン・キング。映画界と小説界の巨匠同士の作品であり、現在でもカルト的な人気を誇る作品ですが、原作者のスティーブン・キングはキューブリック版の映画をひどく嫌っていることでも有名です。その嫌いっぷりは、いまだにインタビューや文章の中でも触れられるほど。

今回は映画『シャイニング』の原作との違いを、スティーブン・キングがブチギレたワケとあわせて解説します。

この記事では、映画『シャイニング』と小説のネタバレを含みます。未鑑賞でネタバレを好まない方は映画・小説を見たあとにお読みください。

シャイニングはスティーブン・キングの小説を原作にした映画

引用元:https://www.amazon.co.jp/

映画『シャイニング』は、1977年に出版されたスティーブン・キング原作の小説『シャイニング』をスタンリー・キューブリック監督が映画化したものです。

映画『シャイニング』映像作品は4つある!?スティーブン・キングが監督も

『シャイニング』を映像化した作品は、スタンリー・キューブリック監督が映画化した『シャイニング』と原作者スティーブン・キングがドラマ版として制作した『シャイニング』の2つがあります。

さらにキューブリックの映画『シャイニング』には、3つのバージョンがあります。

  • ニューヨークとロサンゼルスでプレミア上映された「オリジナル版」(146分)
  • 2分のエピローグを削除した「全米公開版」(144分)
  • さらに多くのシーンを削除し諸外国で公開された「国際公開版」(119分)

つまり『シャイニング』の映像化作品は合計で4つ存在します。

原作者スティーブン・キングがブチギレた

映画『シャイニング』は、スタンリー・キューブリックの多くの作品の中でも人気の一つです。原作者のスティーブン・キングは、映画界の巨匠であるキューブリックに映像化をしてもらうことに当初はよろこんでいたんだとか。しかし完成した作品を見ると、原作とは大きく異なる解釈であったため、スティーブン・キングは激怒。映画『シャイニング』を「エンジンを積んでいないキャデラック」などと痛烈に批判しました。

その後、映画版への批判を抑えることを条件にスティーブン・キング脚本・演出のドラマ版『シャイニング』を製作しました。これで一時的に批判は落ち着いたものの、キューブリックの死後、度々『シャイニング』への批判をしています。よほど気に食わないようですね。

映画『シャイニング』とスティーブンキング原作小説の違い6つ

引用元:https://www.amazon.co.jp/

物語の始まりはオーバールックホテルではない

映画『シャイニング』は、物語の始まりからすでに小説とは大きく異なります。映画では、物語が始まってすぐに家族はオーバールックホテルへと向かいますが、小説では、はじめから中盤にあたりにかけてまでは、家族の状況が描かれており、はじめの舞台はオーバールックホテルではありません。

映画版と原作小説ではキャラクターも大きくちがう

映画『シャイニング』と小説は内容が大きく異なるのに加え、キャラクターも大きく異なります。それぞれの違いを各キャラクターごとにまとめてみました。

キャラクター映画版小説版
ジャック・トランス
・ウェンディやダニ―を脚本執筆の邪魔になると疎ましく感じている
・オーバールックホテルの幽霊たちに誘惑されるとあっさり取り憑かれてしまう。嬉々とした表情でウェンディとダニーに襲いかかる
・アルコール依存で癇癪持ちな性格ながらも、一般的な男性。過去にダニーに手を上げてしまったことを後悔している
・オーバールックホテルにウェンディとダニーを殺すよう言われるが最後まで抵抗し続ける
ウェンディ・トランス・消極的で夫の言うことを聞きがち
・ジャックに対して怯えている
・自立心があり、ダニーを守るため奮闘する
・ジャックの過去の虐待を攻めながらも彼のことを心配している
ダニー・トランス・大人しい男の子、物語の後半ではジャックから逃げ惑うがとっさの機転で逃げる・トニーの助言でピンチを切り抜ける
ディック・ハロラン・ダニーと同じ「シャイニング」の持ち主であるが、彼との交信は最初に出会ったときしかない
・物語の終盤、ジャックに殺される
・ダニ―と出会ってから、何度も彼と「シャイニング」を通じて交信する
・物語の終盤、命の危険を感じながらもウェンディとダニ―をオーバールックホテルから救い出す

ジャック・トランスの葛藤

上記に上げたキャラクターのなかでも、もっとも異なるのは主人公のジャックです。小説のジャックは、アルコール依存症で短気な性格でありながらも、妻と子どもであるウェンディとダニーを心から愛している様子が描かれています。オーバールックホテルの管理人も、生活が困窮するなかで「早く二人の生活を楽にしてあげたい」という思いから引き受けます。

また過去にダニ―に手をあげてしまったことをひどく後悔しており、アルコールとオーバールックホテルの誘惑に最後まで抗い続けました。(小説では、オーバールックホテルはダニーのシャイニングの力がほしいので、力の弱いジャックの体を乗っ取りダニーやウェンディを殺そうとする)

一方映画では、二人への愛情はあまり描かれず脚本がうまくかけずイライラし、ウェンディやダニーを疎ましく感じている様子が描かれています。オーバールックホテルの昔の管理人であるグレイディの「奥さんと息子さんを懲らしめてやらないと」という言葉もすんなり受け入れています。

インディアンの重要性

映画『シャイニング』では、インディアンへのオマージュが数多く見受けられます。壁や床の模様、タペストリーなど、オーバールックホテルの内装のあらゆる部分にインディアンの意匠が散りばめられています。小説でもインディアンについては触れられていますが、わずかに触れられる程度です。

ハロラインの生死

ダニ―と同じ「シャイニング」を持つ人物として、重要なディック・ハロランも映画と小説ではまったく異なる描かれ方をしています。

映画では、ダニーの「シャイニング」を通じたヘルプ信号を受け取り、助けに行きますが、到着してまもなく、ジャックに斧で胸を刺されて死んでしまいます。しかし小説では、ジャックに襲われながらもダニーとウェンディをオーバールックホテルから救い出します。

「爆発と凍結」ラストの真逆っぷり

映画『シャイニング』と小説で最も大きく異なるのは、ラストと言っても過言はないでしょう。映画では、ダニーを追いかけたジャックが迷路のような庭園で迷ってしまい、そのまま凍死してしまいます。一方、小説では、オーバールックホテルに取り憑かれながらも最後の力を振り絞ったジャックが、ダニーとウェンディを逃がし、ボイラーでオーバールックホテルを爆発させ、ホテルと運命をともにします。

映画も小説もジャックは死にますが、その「死に方」は真逆と言えます。

スティーブン・キングが映画『シャイニング』にブチギレたワケ

引用元:https://www.amazon.co.jp/

原作と異なるとは言え、小説と映画では内容が異なるということは、多くあることです。なぜスティーブン・キングはここまで映画版の『シャイニング』を毛嫌いしているのでしょうか。それは、映画『シャイニング』と小説では、描いたテーマが真逆だったからだと考えられます。

スティーブン・キングが描いた「家族愛・父性」を、スタンリー・キューブリックの映画では「人間の持つ暴力性」という真逆のテーマを描いたことが理由でスティーブン・キングは許せなかったのではないかと思います。

スタンリー・キューブリックが描きたかったもの「人間の持つ暴力性」

映画『シャイニング』では、人間の持つ暴力性が全面に押し出されています。そもそもスタンリー・キューブリックの作品『時計じかけのオレンジ』や『2001年宇宙の旅』など多くの作品で、人間が本来持つ「暴力性」が描かれています。

映画『シャイニング』では、インディアンの墓の上にオーバールックホテルが建てられたことが述べられていたり、数多くのインディアンの意匠がホテルの内装に散りばめられています。このことから考えられるのは、もともと住んでいたインディアンを暴力で追い出し、支配した白人の傲慢さ、暴力性を描きたかったのではないかという点です。

暴力を受けるダニーやウェンディの服装にもインディアンの意匠があることや、暴力を振るうジャックがインディアンの意匠のある壁に向かって何度もボールを投げつけることからも、このことが言えるのではないでしょうか。

スティーブン・キングが描きたかったもの「家族愛・父性」

小説の『シャイニング』では、家族を守ろうとする父性や家族愛が描かれています。映画ではまったく触れられていませんが、ジャックとウェンディの夫婦の愛も小説では多くあり、決して生活が豊かではないものの、皆で協力しあって暮らしている家族の等身大を描いているように感じます。

スティーブン・キングと主人公ジャック・トランスの共通点

小説の主人公には、意図しなくても作者が反映されると言われます。小説『シャイニング』にもスティーブン・キングが反映されていると思える部分が多々あります。その一つがジャック・トランスとスティーブン・キングの共通点です。小説『シャイニング』のジャック・トランスとスティーブン・キングの共通点について見ていきましょう。

スティーブンキングとジャックの共通点1:アルコール依存症

ジャック・トランスはアルコール依存症で、長年苦しんでいましたが、スティーブン・キングも長年のアルコール依存症に苦しんでいました。1980年半ばからアルコール依存症に加えて薬物依存も加わり、家族も協力し依存症を克服しましたが、その治療はかなり苦しいものだったとエッセイで述べられています。

スティーブンキングとジャックの共通点2:教員として働いていた過去

ジャック・トランスは、教員として働いていましたが、短気な性格ゆえに、生徒とトラブルを起こしクビになります。スティーブン・キングも学生時代に教員免許を取り、小説を書く傍ら、高校の英語のクラスで授業を受け持つ過去があります。

スティーブンキングとジャックの共通点3:家族がいながらも生活に困窮していた

ジャック・トランスは、生徒とトラブルを起こし教員をクビになってしまい、職を失い家族の生活は困窮します。スティーブン・キングも教員免許を持ちながらも、卒業直後は職が見つからず生活は困窮していました。卒業後に結婚していたため、家族を養う必要がありましたが、教員の仕事に就いても給料はそこまで高くなく、一時期はトレーラーハウスで暮らすといった生活を送っていました。

このようにスティーブン・キングは小説で成功できない自分と、家族を養う一家の長である苦悩の間の苦しさを、少なからずジャック・トランスに反映していると考えられます。

映画『シャイニング』とスティーブンキングの原作小説をあわせて楽しもう

引用元:https://urotanblog.com/theshiningbook-259

映画『シャイニング』と原作小説の違いを、スティーブン・キングが批判する理由とあわせて解説しました。映画と小説では内容が大きく異なりますが、それぞれ良さがあるので、2つあわせて見れば楽しみも倍増すると思います。

「U-NEXT」では、『シャイニング』の映画と小説、両方を見ることができます。31日間のうちに解約すれば無料で見ることもできるため、気になる方はぜひ登録してみてください。

コメント