映画「バニラスカイ」のあらすじをネタバレ解説!伏線と「猫になって」の意味を考察

映画
引用元:https://www.amazon.co.jp/

映画「バニラスカイ」を見たけれど意味がわからなかった……

映画「バニラスカイ」は、2001年に製作されたトム・クルーズ主演の映画です。甘いラブストーリーかと思いきやとんでもなく酸っぱいサスペンスであり、「物語の展開についていけなかった!」という声も多く聞かれます。

この記事では、映画「バニラスカイ」のあらすじと解説や、多くの方が疑問に抱くシーンやセリフについて解説していきます。

この記事には映画「バニラスカイ」のネタバレが含まれるため、未視聴の方はご注意ください

映画「バニラスカイ」の作品情報

映画「バニラスカイ」は、1997年に公開されたスペイン映画「オープン・ユア・アイズ」を「あの頃ペニーレインと」のキャメロン・クロウ監督がリメイクしたもの。

主演はトム・クルーズ、共演はキャメロン・ディアス、ペネロペ・クルスと豪華なキャストが揃っています。ペネロペ・クルスは、「オープン・ユア・アイズ」でも同じ役柄を演じています。

映画「バニラスカイ」のキャラクター・キャスト

主人公:デイヴィッド・アームズ/トム・クルーズ

出版会の王様と言われた父親が事故死し、その後を就いだ二代目社長。莫大な遺産を継いだうえにハンサムな見た目で、全てを手に入れているように見えますが、会社の7人の役員は信用できず、陰口を言われる始末。体だけの関係だと思っていたジュリーが無理心中を図り、ハンサムな顔に大きなキズを負ってしまいます。

ソフィア・セラノ/ペネロペ・クルス

田舎からニューヨークに単身やってきたダンサー。美しく妖艶な見た目と、素直な内面でデイヴィッドやブライアンを虜にしてしまいます。

ジュリー/キャメロン・ディアス

美しくかわいらしい見た目ながらも、デイヴィッドにぞっこんになり、ストーカー気質になってしまう重めな女性。嫉妬深くデイヴィッドを付け回す様子も。

ブライアン・シェルビー/ジェイソン・リー

デイヴィッドが心を許せる数少ない存在。「振られる男の話」を書いている小説家であり、ソフィアやジュリーに想いを寄せながらもデイヴィッドに勝ち目はないと諦めているふしがあります。

マッケイブ/カート・ラッセル

デイヴィッドの精神科医。殺人容疑で収監されているデイヴィッドの心の内に秘められた真実を暴き出します。

みどころ:トム・クルーズも惚れたペネロペ・クルスの魅力

引用元:https://www.amazon.co.jp/

映画「バニラスカイ」では、主演のトム・クルーズと共演したペネロペ・クルスは、2001年から2004年まで交際していました。トム・クルーズは前妻のニコール・キッドマンと離婚してからすぐの熱愛報道であり、ペネロペ・クルスが原因で別れたとも言われています。

そしてトム・クルーズとペネロペ・クルスが出会ったきっかけこそ、この映画「バニラスカイ」だったのです。トム・クルーズですら、惚れてしまうペネロペ・クルスの魅力が「バニラスカイ」では爆発しています。

みどころ:音楽ジャーナリストの経験を生かした映像にマッチした音楽

https://eiga.com/person/26794/より

映画「バニラスカイ」の監督キャメロン・クロウは、もともと音楽雑誌のローリング・ストーンズ誌の記者として働いていた経歴があります。その際の人脈を生かしたエルトン・ジョンとレオン・ラッセルのアルバムを題材にした映画「The Union」といった音楽ドキュメンタリー作品も手掛けています。

音楽好きのためか、映画のなかでも印象的な音楽の使い方をしており、ビーチボーイズやシガー・ロスなど、随所の印象的なシーンを彩る効果を担っています。

映画「バニラスカイ」のあらすじ【ネタバレあり】

映画「バニラスカイ」のあらすじをネタバレありで解説していきます。

映画「バニラスカイ」のあらすじ1:孤独を抱えた若き大富豪

事故死した父親の遺産と会社の跡を就いだ若き大富豪デイヴィッドは、金と女に困ることがないながらも、どこか心のなかに孤独を抱えていました。

夢の中で1人走り回る恐怖を話すと、精神科医マッケイブは「心象風景だ」と分析します。デイヴィッドはある人物の殺人容疑で刑務所に収監されていました。しかし顔にマスクを被ったデイヴィッドは、「陰謀論」を唱え到底話は受け入れられません。マッケイブは真実を暴くため、デイヴィッドから話しを聞きます。

映画「バニラスカイ」のあらすじ2:運命の出会いと喪失

あるとき、誕生日パーティーでソフィアに一目惚れしてしまいます。すぐに近づき仲良くなりますが、その様子を見ていた「友達」のジュリーが嫉妬し、デイヴィッドとともに無理心中を図ります。

その結果、ジュリーは死にデイヴィッドは腕と顔が潰れてしまい、ハンサムな顔が台無しになってしまいます。

デイヴィッドはハンサムな顔が失われたことにショックを受け、マスクをつけ人前に出ずに引きこもり生活を始めます。なかなか外に出ることができなかったデイヴィッドですが、やがてに外出てソフィアに会いに行きます。ソフィアは優しく受け入れてくれました。

そして、ソフィアとブライアンとともに夜のクラブにでかけますが、デイヴィッドはマスクをつけ外そうとしません。マスクを外すようブライアンとソフィアに促されますが、それに逆上し、デイヴィッドは傍若無人な振る舞いをします。

映画「バニラスカイ」のあらすじ3:ソフィアと恋人になるが……

ソフィアとブライアンに見放されたデイヴィッドは、路上で寝てしまいます。しかし翌日ソフィアが優しく起こしてくれ、「正直に言うと、最初は顔に惚れた」と告げます。しかし今のデイヴィッドを支える覚悟があることを告げ、二人は恋人同士になります。

その後デイヴィッドは最先端の形成外科手術を受け、元の顔を取り戻し、ソフィアと幸せな生活をおくっていました。しかしある夜、突如自分の顔が以前の醜い顔になっていることに気づきます。すぐに夢だと気づき目を覚ましますが、今度は隣で寝ていたはずのソフィアが死んだはずのジュリーに。

パニックになったデイヴィッドはジュリーを捕まえ警察に通報。しかし逮捕されたのはジュリーではなく、デイヴィッドでした。弁護士の手腕によりすぐに釈放になりますが、親友だと思っていたブライアンにも裏切られ自暴自棄になります。さらに見知らぬ男が自分を尾行しており、デイヴィッドの不安は最高潮に。自宅に帰ると、ソフィアの写真がすべてジュリーのものになっています。

映画「バニラスカイ」のあらすじ4:ソフィアとジュリー、君は誰?

パニックになるデイヴィッドの前に現れるジュリー。しかしすぐにソフィアの姿に戻ります。デイヴィッドは安心し、二人は愛し合いますが、ベッドの上でソフィアはジュリーに変わります。パニックになったデイヴィッドはジュリーを窒息させ殺してしまいます。しかし死んだのは、ジュリーではなくソフィアでした。

事の顛末を聞き終えたマッケイブは、「一時的精神錯乱」と結論づけ、すべては解決したように思えました。しかしデイヴィッドは、とあることを思い出します。

マッケイブとデイヴィッドは、「エリー」という企業へと向かいます。「エリー」こそすべての謎をとく鍵でした。「エリー」とは死後、冷凍保存をし理想的な夢である「第二の人生」を見せ続ける会社。デイヴィッドは、エリーと契約していたのです。全てを思い出したデイヴィッドがマスクを外すと、そこには事故によって醜くなってしまった顔が。救護員が真実をデイヴィッドに告げます。

映画「バニラスカイ」のあらすじ5:明かされる真実

実はブライアンとソフィアとクラブにでかけ、酔っ払って路上で寝たのが現実として最後のシーンでした。現実では、ソフィアとはそれきり会うことはなく、絶望の日々を送っていました。会社の役員と戦い、会社の仲間たちを守ることはできましたが、それでもデイヴィッドの心は満たされずエリーと契約し、自殺をしました。

エリーは契約通り、デイヴィッドを冷凍保存し、デイヴィッドの理想の夢を見せます。ソフィアとの恋人関係はエリーが見せた夢であり、現実では数回会っただけです。デイヴィッドは夢を150年もの間見続けましたが、潜在意識により、ジュリーが出てきて「理想の夢」が「悪夢」へと変わってしまいました。

救護員は、デイヴィッドにこのままソフィアと理想の生活を続ける夢を見続けるか、現実に戻るかの決断を迫ります。現実世界では、150年経っているためソフィアもブライアンもすでに死んでおり、財産も底をついています。そして何より顔も事故時のまま、醜いまま。それでもデイヴィッドは、現実に戻ることを選び、高所恐怖症を超えてビルから飛び降りるのでした。

「目を覚まして」

女性の声でデイヴィッドが目を開けるシーンで物語は終わります。

映画「バニラスカイ」の解説と考察【ネタバレあり】

映画「バニラスカイ」の解説と考察をしていきます。

現実と夢との境目

映画の終盤で告げられる、夢の世界という設定に「どこから夢だったの!?」と思う方も多いのではないでしょうか。エリーの救護員は、ブライアンとソフィと一緒にバーに行って路上で酔いつぶれたところが、「夢と現実の継ぎ目」だと言っています。

確かにあれだけ傍若無人な振る舞いをしながら、翌日には優しく起こし家に招いてくれるのはちょっと都合が良すぎるかも?

「猫になって考える」セリフの意味

ブライアンとソフィアと一緒にクラブに行ったデイヴィッドは、ハンサムな顔を失い自暴自棄になっているのか、ソフィを茶化します。ジュリーとのことを嫌でも思い出させる最初の出会いを再現しソフィアは不快になり、その場から立ち去ろうとしますが、デイヴィッドは理解できません。

立ち去る理由をしつこくたずねるデイヴィッドにソフィアは「猫に生まれ変わったときにね」と言います。

おそらくソフィアは見た目にこだわり、以前の魅力を失ったデイヴィッドを前に、見た目や言葉にこだわらずに自由に生きる猫のようになりたいと思っていたのではないでしょうか。

さらにはこのセリフが後になって、夢の中でソフィアと再会した際の伏線にもなっています。ペネロペ・クルスのウインクかわいすぎて卒倒しそうになりました。

映画「バニラスカイ」の感想

映画「バニラスカイ」の感想の前にとりあえず言わせてください。

ペネロペ・クルスかわいすぎないか

そりゃトム・クルーズ惚れてしまうやろってくらいかわいい。妖艶。美しい。いや~ペネロペ・クルスの魅力満載でした。もちろん、トム・クルーズ、キャメロン・ディアスも魅力的でしたが、それにしてもペネロペ・クルスかわいい(何度言うんや)

でもキャメロン・ディアスの演技もまたすごかったですね!主人公に愛まっしぐらで周り何も見えなくなる恋愛中毒女子感がすごかった……(笑)

主人公大好きな重め女子かと思いきや「こいつちょっとやばいな」みたいな危うさを漂わせる感じが素晴らしい。そして何と言っても終盤のベッドの上の狂気!新たなキャメロン・ディアスを知ってしまった感じがあります。

そして何と言ってもストーリーの面白さ。「夢オチじゃん」ということで敬遠される方もいるかもしれませんが、夢と現実で主人公と一緒に混乱するところやどんでん返しな展開など、個人的には好みの作品でした。

再度見直すと気づかないところに伏線が散りばめられているので、すでに見た方も探してみてください!

コメント